Q.定期借家とは
A.平成12年3月1日に施行された新たな賃貸借契約の形態です。
普通賃貸借と相違する点を挙げてみますと、
1.契約をする場合は公正証書等書面(一般には賃貸借契約書等で可)に拠らなければなりません(逆に言えば普通賃貸借の場合、書面化しなくとも契約の成立自体には問題はありません)。
2.契約期間が満了すると更新は行われずその契約は必ず終了します。もちろん貸主・借主お互いが合意すれば再契約(更新ではなく新たな契約)となる場合は有ります。
3.契約期間については一年未満と定めることも可能です。
4.契約期間が1年以上の場合、期間満了の1年前~6ヶ月前までの間に貸主から借主に対して「期間満了時に契約が終了する」旨を書面にて通知する必要があります。これを怠ると契約終了日が遅延したり、普通賃貸借に移行してしまうこととなる場合があり注意を要します。
5.床面積が200平米未満である居住用の賃貸借物件の場合で、借主が転勤、療養、親族の介護等やむを得ない事情で中途解約の申し入れをした場合、その申し入れをした日から1ヶ月後に当該賃貸借契約は終了します。
Q.賃料発生日とは
A.文字どおり賃貸借契約に基づき入居者の賃料が発生する契約起算日(入居可能日)です。
入居時には日割り計算となります。
Q.連帯保証人の要件は
A.そもそも連帯保証人は貸主との間で当該賃貸借契約に係わる保証委託契約を締結することとなります。したがって、一般に借主の親族かつ一定の年収がある方であることが前提となります。
Q.敷金
A.「敷金」は賃貸借契約期間内の債務の担保の目的で、借主から貸主に預け入れる金銭のことです。その為賃貸借契約に敷金等の定めがある場合が殆どです。賃貸借契約終了時借主に債務等がある場合、債務を差し引いた残額が借主に返還されます。なお、その金額は家賃の2ヶ月分程度となるケースが多いですが物件によって異なります。

SIDE MENU

各種サービス

大東建託・レオパレス・大和・東建・MAST各社取扱中
不動産(土地・マンション・一括アパート)買取
住宅ローンのお手伝い
アパート契約金ローン月々1万円~
賃貸敷金分割制度(アパート・マンション・戸建)
スマイル(笑顔)